自転車、歩行者、喫煙ニュース

自転車は事故の加害者にも被害者にもなります。他人事とは思わず、事故等のニュースを自分への戒めにし、自動車・自転車・歩行者等問わず、交通ルールやマナーを守り事故を減らしましょう!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
移転のおしらせ
自転車、歩行者、喫煙ニュースは、2010年1月より「www.safety-life.net/jitehoko-news」に移転しております。
2010年以降の記事は上記の場所になりますので、よろしくお願いいたします。
| jitehoko | お知らせその他 | 10:49 | comments(29) | trackbacks(0) |
お知らせ(個人名の掲載について)
事故のニュースで個人名を掲載するのを原則やめることにしました。
個人名の掲載が必要かは前から考えていました。事故を教訓にしてもらえれば趣旨は達成している訳ですから。

警察に逮捕され、容疑者となった場合には掲載します。

過去記事の個人名についてはそのままにしますが、ご要望があれば個別に対応していこうと考えています。

よろしくお願いします。
| jitehoko | お知らせその他 | 10:57 | - | - |
お知らせ
ブログ内の記事を自転車関連に統一するため、ブログを移転することにしました。
移転先のBLOGはこちら

喫煙関係のニュースも別BLOGを立ち上げる予定です。
ここのBLOGも残すつもりですが、新しい『自転車関連ニュース』もどうぞ宜しくお願いします。
続きを読む >>
| jitehoko | お知らせその他 | 11:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
6月からの自転車ルール改正について
JUGEMテーマ:生活安全

イオンの【無料】自動車保険比較・見積りサイト。最大18社お見積り

 いよいよ6月まであと半月になりました。
 自転車についてのルールが色々変わりますが、皆さんの周りでは何か変わったでしょうか?
 ルールの変更点の概略は
  ・自転車の車道走行の明示(児童以下と70歳以上の者、身体障害者は歩道走行可、全て車道から一部緩和されましたね)
  ・児童又は幼児を自転車に乗車させるときは、ヘルメットを着用させる
 です。

 自分の周りでは何も変わってないなぁ、というのが正直な所ですね。
 自転車のルール改正前に周知徹底へというニュースもありましたが、何かやってるの?
 自転車は相変わらず狭い歩道を走っていて、歩行者の側がそれを避けている始末。子供を2人乗せているお母さんも結構いますし、子供にヘルメットを被らせている親御さんなんて半分もいない。

 未だにこんな状況で、6月になったら自転車は車道を走り、3人乗りは無くなり(条件付で可のようです)、子供はみんなヘルメットを被る、そんな状況になるんでしょうか?

 まあ、今の道路事情では、自転車は歩道を走った方が安全なのは分かります。自転車道の整備も進んでいるようですが、そんなの全部の道路にあるわけじゃないし、普通の車道なんて怖くて走れません。実際危険過ぎます。が、その代わり歩行者が自転車の脅威に晒される訳です。

 自転車走行可の歩道は結構広いですし、車道側が自転車用になっていますので皆の意識次第で改善できると思うのですが、問題はそうでは無い歩道。

 人が1人通れるくらいの歩道でも普通に自転車が走ってます。そんな自転車とすれ違いざまに軽く接触したりする事もあるんですが、大概自転車の人はにらむか、何事も無かったように去っていきます。自転車=歩道走行が一般的な認識ですよねぇ、やっぱり。

 ケガをしたわけではないので、こちらも特には気にしませんが、お年寄りや子供とかだとそれで転んでしまったり、もしまともにぶつかってしまったら、誰でも重大なケガにつながる可能性もありますよね。

 だから、歩行者を守るために本来の自転車=車道走行にしようというのが今回のルール改正の主な目的です。

 ほとんどの人が自転車=歩行者と同じ=歩道走行と思っているのを、自転車=車両=車道走行に変えるのは非常に困難でしょう。それなのに、ルール改正まであと半月に迫った今日まで、周知活動があまり行われていない印象です。これって問題ではないでしょうか?

 こちらでも書いていますが、自転車の歩道走行は本来は違反で、3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金という罰則があります。今まではほとんど見過ごされてきましたが、6月からはきちんと取り締まるということらしいです。

 前もってそれを知っていれば、捕まっても「仕方がないか」と思えるし、自分の責任なので当然の事でしょう。しかし、知らなければ釈然としませんよね。いくら「法律は知らないとは言えない」といっても、もし捕まったら皆さんは納得できますか?

 自転車は車道を走らせるというのには大いに賛成です。自分が歩行者の際に、自転車に対していつも危ないなぁと感じていますから。ですので、今回のルール改正には大いに期待もしました。(ただ、自転車が車道を安全に走れるのか?という疑問もあります)

 だけど、未だに何も変わっていないというのは如何なものでしょうか?急に変われるものではありませんよね。
 結局、6月になっても何も変わらないんじゃないかな、というのが今の思いです。

 6月から徐々に変わっていのなら良いのですが、今の周知不足を考えると、やっぱりいつまでも自転車は狭い歩道を歩行者に向けて突っ込んでくるんだろうなぁ。自転車の行き場もないし仕方ないんでしょうか?
| jitehoko | お知らせその他 | 17:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
子供を危険から守ろう!
JUGEMテーマ:絵本紹介

 今年も早いもので3月、来月には入園・入学シーズンになりますね。クルマや自転車と、歩行者との事故や事件が増えている昨今、子供の登下校時や外で遊ばせるのが心配!という親御さんも多いのではないでしょうか。また、安全への意識は、子供の頃からの教育が大事だと思います。

 そこで、今回はお子さんと一緒に「安全」を学べる絵本を紹介していきます。

 オススメの絵本で、「じぶんをまもろうみんなをまもろう 子どものための安全・安心えほん」という絵本のシリーズ(全5冊 各2.625円)があります。内容は以下のとおりです。

じぶんをまもろうみんなをまもろう 1 みち





【内容】:学校の行き帰りに危険な目にあわないためには、どうすればいいかな? 自分でできる、家を出る前のチェック、交通安全、連れ去りにあわないための注意点などをかわいいキャラクターやイラストを使って、わかりやすく解説。


じぶんをまもろうみんなをまもろう 2 がっこう





【内容】:学校の中ではどこが危ないだろう? 学校で火事や地震にあったら? 危険な場所や注意が必要な場面、各自でできる対策方法などをかわいいキャラクターやイラストを使って、わかりやすく解説。


じぶんをまもろうみんなをまもろう 3 あそび





【内容】:家の中や公園で遊ぶとき、どんなことに気をつければいいかな? どんな所が危ないのかな? ひとりでもできる注意点をかわいいキャラクターやイラストを使って、わかりやすく解説。


じぶんをまもろうみんなをまもろう 4 やくそく





【内容】:お出かけした時に危ないことにあわないために、どんな約束ができるかな? 電車に乗るときは? 迷子になっちゃったら? 守るべきルールをかわいいキャラクターやイラストを使って、わかりやすく解説。


じぶんをまもろうみんなをまもろう 5 安全指導活用ブック





【内容】:第1巻から第4巻までの内容を解説。さまざまな危険から子どもたちを守るために、今何をすればいいのか、先生方やおうちの方へ、子どもの安全のためにできることを具体的にアドバイスします。


 いかがでしょうか?小学生の日常生活で、どうすれば「危険」から自分を守れるかを教えてくれる絵本です。
 小学校に入学するこの時期は、危険について勉強するよい機会でもあると思います。もちろん、現在小学校に通っているお子様にも、改めて「危険」について考えてもらうのに最適な絵本ですよね。

 5冊揃えるには少々高めですので、町内会や小学校で購入して、子供達やその親御さん皆で安全について考えるのも良いかもしれません。

 安全は一人一人の意識が大切であると考えます。悲しい事故をなくすためにも、こうした絵本などを利用して、家庭また町内等で子供達を守っていってほしいと思います。
| jitehoko | お知らせその他 | 11:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

このページの先頭へ